意外に万能!自作立てかけ鍋収納で水切りも楽ちん

ガチャガチャと積み重なる鍋やフライパン。

台所の収納で一番頭を悩ませていたのが、鍋や蓋などの調理器具収納でした。

山のように重ねられた調理器具。

取り出すのさえ大変で、料理をすることが億劫になることも。

1つ1つサイズが異なるし、重ねたら傷がついてしまう…。

いつも散らかっていた収納スペースを見るたびに、なんとかならないかなぁとため息をついていました。



スポンサーリンク

伸晃の収納スタンドワイドは伸縮自在の収納アイテム


どうにかキレイにしようと、ネットで検索。

口コミ評判の良かった『伸晃フライパン・鍋・蓋・収納スタンドワイド』を購入しました。



ちなみにAmazonでの総合評価は…5つ星のうち4.1
★★★★★ 18件
★★★★ 24件
★★★ 5件
★★ 2件
★ 2件
と、まあまあの高評価でした。

また、最低評価の星1つの意見も気になるので、一応、目を通してみます。

小さい鍋は倒れるし、大きい鍋はうまくはまらないし、きっちりサイズにすると擦れて塗装がはげて粉が落ちて汚いし、何をどうしても使いにくい。作った人は使って試したりしてないのかな?
100均の書類スタンドの方がよっぽどよかった。

なんて意見がありましたが、少数派の意見でしたので目を瞑り見なかったことにしました(笑)

結果的には、買って良かったので、目を瞑ったのは正解でした。




サイズは、幅45~83×奥行20.3×高さ17.2cm

キッチンの引き出しにすっぽりと入る収納アイテムです。

仕切りとなるワイヤーがM字となっているのもポイント。

へこんだ部分に蓋の出っ張りがすっぽりと乗っかるので便利です。

鉄下敷きの裏には、滑り止めもついていて、引き出し内でのズレも防止してくれます。


伸晃の収納スタンドワイドの組み立て方




ついている2枚の下敷きが、キレイに重なります。

2枚をスライドさせる事で、長さを自由に調整。

引き出しのサイズに合わせる事ができます。






長さが決まったら、二枚の穴を合わせて、ワイヤーの引っ掛け部分を入れて固定。

グッと開くことができるので、ワイヤーを通すのも簡単にできました。

あとは、入れる鍋のサイズに合わせて、ワイヤーを次々と通していくだけです。

蓋の場合、穴は1つ分で十分。

それ以外のフライパンや鍋は、ちょうどのサイズで区切っていくと、バランスがとれます。

ゆとりを持って区切ってしまうと、鍋やフライパンが傾いて、だらしなくなってしまいます。

小さい鍋だとずれてしまって、ワイヤーを通過して下に落ちてしまうことも。



できるだけ、窮屈な感じでワイヤーを区切っていく事がコツです。







このアイテムを利用するだけで、随分とキレイになりました。

これなら取り出す時に、さっと取れますね。

下にある鍋を取るとき、いつも鍋を全部取り出していた私。

この収納アイテムがある事で、かなり時間を短縮する事ができました。



見た目もスッキリとしますが、何よりも使いやすくなります。



料理を始める準備が苦にならなくなったのが、大きいですね。

忙しいお母さんには、さっと取り出せる事が重要ですから、この収納アイテムはまさに主婦の味方。

お値段も2千円前後で販売されているので、鍋収納に悩んでいる方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク