生後5ヶ月からの読み聞かせに最適な絵本「しましまぐるぐる」




皆さんは小さい頃、どんな絵本が好きでしたか?

どんや絵本を読んで貰った記憶がありますか?

絵本と言えば、ある程度大きくなり、言葉が理解出来る様になってからで良いと思いがちかと思います。

しかし、実は生後間もなく、3~4ヶ月頃から読み聞かせをすると良いと最近は言われているのです。


スポンサーリンク

絵本で赤ちゃんは幸せになれる




そこで、我が家でも、生後4ヶ月頃、絵本を購入する事は少しだけ考え始めました。

とはいえ、やっとメリーに反応する様になった程度の幼い子どもです。

本当に、絵本を見て反応があるのかしら?


と半信半疑でした。



そこでネットで調べると、

赤ちゃんは、「パパママがそばに来て、僕(私)のために絵本を読んでくれる」と思うことで安心感や幸せな気分を抱き、基本的信頼感を育んでいきます。知育ノート より引用)

という言葉を目にしたのです。



これは、目から鱗が落ちました。

ここから、やっと本格的に絵本探しを始めたのです。


「しましまぐるぐる」は赤ちゃんでも楽しめる絵本




まず始めに行ったのが、赤ちゃん向けの絵本とはどんなものかを調べ始めました。

そもそも「絵本」というと、私のイメージでは絵が大きく、本自体も大きい物語というもの。

赤ちゃんに物語を語ったところで分かる訳無いと思っていたのです。

すると、私がイメージしていた絵本と赤ちゃん用の絵本は、全く違うのだという事に気づくのです。



赤ちゃん用の絵本は、基本的にはストーリーはありません。



もちろん、簡単なストーリーや、ページ毎に繋がりがある事は多いのですが、物語ではありません。

ハッキリした色使い(特に、赤、白、黒が赤ちゃんは分かり易くて好きみたい)に、ハッキリした絵柄が特徴的な本当に絵だけの絵本といえます。



その絵を見ながら話し掛ける



それが…



赤ちゃんの読み聞かせなんですね。



その後は、様々なクチコミをみたり、実際に本屋さんへ行き、色々な本を物色し始めます。

最終的には、私は本屋さんに向かい、数ある絵本のなかから「しましまぐるぐる」と言う絵本をまず最初に買ってみる事にしました。


「しましまぐるぐる」を見た子供の初反応は◎




結局、実際に購入をして子どもに見せたのは、子どもが5ヶ月になる頃でした。

そして、正直全く期待していなかったのですが、驚いた事に最初から食いつきが良かったのです。
膝に乗せ、ページを開いた途端、じっとそのページを見る我が子の姿に、嬉しさと驚きが混ざっていたのを、今でも覚えています。

まとめ




「まずは絵本に慣れさせたい」そんな人には、とてもおすすめな本です。



少し大きすぎるので最終のうちは重たく、赤ちゃんだけでは読めませんが、10ヶ月を越えた今は、自分で引っ張りだして読んでいるくらいです。


ストーリーも無い簡素な絵本ですが、だからこそ自由にストーリーを付けられるので、2歳くらいまでは十分に楽しめそうだと思います。


ファースト絵本としては、とても良かったと満足しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク