プチプラで優秀!セザンヌのチークをおすすめする理由




お顔の印象をパッと華やかにしてくれるチーク。

入れる入れないでかなり印象が変わってきますよね。

血色を良く見せてくれるから健康的に見えるし、入れ方によっては小顔効果も期待できる



でもチークってたくさんの種類が売られていて結局どれを選んだらいいか分からないのよね。




こんなチーク難民の人ってけっこう多いんじゃないでしょうか?

私も100円ショップからデパートコスメまで、色々なチークを試してきましたが最近やっと自分の中で結論がでました。



それは セザンヌのチークが一番 だということです。





スポンサーリンク

セザンヌのチークの良い所

私が今使っているチークは…
セザンヌ ナチュラル チークN 12 コーラル系ピンク




先日買い替えたばかりですが、とても気に入っています。

なぜ「セザンヌのチークが一番だ」と私が思ったのかについてご紹介していきます。

チーク選びに悩んでいる方や、セザンヌのチークの購入を検討している方の参考になればと思います。


種類が豊富




セザンヌからは現在(2017年3月現在)4種類のチークが販売されていますが、単色のものからグラデーションを楽しめるもの、パール入りのものからセミマットのものまで種類は豊富

自分のしたいメイクに合わせたチークを選択することができます。

カラーバリエーションが多いところもうれしいですね。

私はナチュラルメイクを目指しているため単色の「セザンヌ ナチュラル チークN12 コーラル系ピンク」を購入しました。



チークそれぞれの特徴は以下の通りです。
・セザンヌ ナチュラル チークN 全9色
単色入り。
パールタイプ(7色)とマットタイプ(2色)の2種類がある。
・セザンヌ チーク&ハイライト 全3色
チークとハイライトの2色入り。
チークをしながら透明感のあるツヤ肌に仕上げることができます。
絹のように繊細なシルクタッチパウダー(マイカ)が肌に密着。
サラサラした使用感が楽しめる。
・セザンヌ シルクタッチチーク 全3色
繊細なパウダー(ソフトフォーカスパウダー・多孔質パウダー配合)が肌に密着。
発色が長時間続きます。
ベースカラーとクリアカラーの2色入りで、1色ずつとミックスの両方が楽しめます。
・セザンヌ ミックスカラーチーク 全4色
パール&マットの4色グラデーション。
肌なじみのいいツヤ美白が作れる。
パウダーだけど乾燥しにくい処方が採用されている。
4色入りだからサイズは大きめ。

値段が安い




1番の魅力がそのお値段。

セザンヌからは様々な種類のチークが販売されていますが、お値段は360~680円ほど。


プチプラだから気軽に購入することができるし、美容費の節約にもなります。
何個か買い揃えてその日の気分でチークを選ぶ。
そんな楽しみ方もできますよね。


それぞれの販売価格(2017年3月現在)は以下の通りです。
・セザンヌ ナチュラル チークN  \380円(税抜)
・セザンヌ チーク&ハイライト  \480円(税抜)
・セザンヌ シルクタッチチーク  \480円(税抜)
・セザンヌ ミックスカラーチーク \680円(税抜)

どこででも買える



メイク用品が売っているところなら必ずと言っていいほど取り扱われているがセザンヌのすごいところ。

田舎に住んでいても、近くのドラックストアですぐに手に入ってしまいます。


肌なじみがいい




肌なじみが良いところが気に入っています。

少しづつ色が付いていくので調整しながらチークを塗ることができます。

ちょっと塗り過ぎちゃったかな?という日も、時間が経つと肌に自然になじんでくれるので、おてもやん状態も防げます。


セザンヌのチークのイマイチなところ




良いことばかり挙げてきましたが、イマイチな部分もやはりあります。

それは、付属の筆が塗りづらいこと…。

私は「セザンヌ ナチュラル チークN」と使用しているんですが、付属の筆だと小さすぎて上手く塗れません。

なので筆はチーク用のものを別に購入して使用しています。


まとめ

いかがだったでしょうか。

付属の筆は確かに使いにくいですが…

・色々な種類のチークを揃えたい
・プチプラのチークが欲しい
・肌なじみのいいチークがほしい
・気軽にチークを購入したい

という方におすすめの商品です。



気になる方はぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク