ニキビに効果的!牛乳石鹸 青箱を使ってみた感想




みなさん牛乳石鹸って使ったことありますか?

「ぎゅうにゅうせっけん♪よいせっけん♪」というCMソングが懐かしく牛のマークが印刷されたあの箱、一度は皆さん耳にして目にしたことがあるのではないでしょうか。

なんとなくお肌にいい印象はあったけど…使ったことはないわ。


子供の頃は使っていたけど大人になってからは使っていなわね。


なんて方も少なくないと思います。



私も牛乳石鹸の存在は昔から知っていましたが使ったことは一度もありませんでした。

ですがアラサーになってから大人ニキビが大量に発生するようになり、今まで使っていた洗顔料の見直しを検討することに。



色々ネットで調べたところ、牛乳石鹸がニキビを治すのに効果的とのこと。



それで牛乳石鹸の青箱を洗顔料として使い始めました。

牛乳石鹸 青箱を使用してみた感想についてご紹介しますので、牛乳石鹸に興味がある方、ニキビに困っている方の参考になればと思います。


牛乳石鹸って?



昔から親しまれてきた牛乳石鹸。

100年以上前から販売されており、国内石けんの愛用数第1位を誇る商品です。

保湿効果の高い天然油脂、グリセリンが配合されており、肌あたりのいい優しい石鹸に仕上がっています。


スポンサーリンク

牛乳石鹸がニキビに効果的な理由




なぜ牛乳石鹸がニキビに効果があるのでしょうか?

それは牛乳石鹸にふくまれるミルクバターが関係しています。


ミルクバターとは…
新鮮な牛乳から作られている成分。
肌の汚れをしっかり洗い落としてくれるので、なめらかな肌を作ってくれます。
保水性もあり、肌の乾燥を予防してくれる効果があります。
ニキビは肌の乾燥や毛穴の汚れ・つまりによって肌に炎症が起きることで発生します。


ミルクバターを配合する牛乳石鹸を使えば、肌の乾燥を予防しながら毛穴の汚れを落とすことができるというわけです。


赤箱と青箱の違いは?




牛乳石鹸って売り場を見てみると赤色の箱と青色の箱2種類が売られていますよね。

赤箱と青箱で洗い上がりや香りが異なるので、自分の好みでどちらか選ぶことができます。


赤箱の特徴

・しっとりとした洗い上げ
・保湿成分であるミルク成分(ミルクバター)配合
・スクワラン(うるおい成分)配合
・ローズ調の香り


青箱の特徴

・さっぱりとした洗い上げ
・保湿成分であるミルク成分(ミルクバター)配合
・ジャスミン調の香り






赤箱はしっとり 青箱はさっぱりとした洗い上げのため乾燥肌の人は赤箱オイリー・混合肌の人には青箱が適しています。

ニキビへの効果については赤箱・青箱両方にミルク成分が含まれているので、どちらを選んでも効果が期待できます。

私は混合肌のため青箱を使用しています。


牛乳石鹸 青箱を使ってみた感想




ここからは実際に牛乳石鹸 青箱を使用してみた感想についてご紹介します。

さっぱりとした洗い心地

さっぱりとした洗い心地なので、オイリー・混合肌の人にいい洗顔料だと思います。

ただ混合肌の私の場合、口まわりが乾燥しやすくなるので乳液等での保湿は必要ですね。


ニキビが改善

朝・晩これで洗顔するようになってから、大人ニキビが以前よりもできにくくなりました。

以前はニキビ跡がそのままシミになってしまうことが多かったのですが、ニキビ自体できにくくなることでその心配からも解放されました。


値段が安い

牛乳石鹸のいいところはその値段の安さ。

・赤箱 1個100円(税抜)
・青箱 1個80円(税抜)

プチプラで高い効果が得られるというところがいいですよね。


まとめ

いかがだったでしょうか。
・ニキビを治したい
・プチプラで良い洗顔料が欲しい
という方におすすめの商品です。
気になる方はぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク