バンボチェアの良くない口コミが多い理由




「バンボ」と聞いてピンときた人は、赤ちゃんや小さいお子さんが居る人ではないでしょうか。

赤や青や黄色の、赤ちゃんがスッポリ入る形になっている、ちょっと変わった赤ちゃん用のイスです。
今でこそ赤ちゃん用品店には必ずあるバンボですが、私は買うかどうかはかなり悩みました。


そもそもバンボってどこからきたの?



バンボは、南アフリカ共和国のメーカー「バンボ社」が作っています。

5年以上前に友人の子どもが使っているのを見て、「こんなのが今はあるんだ」と頭の片隅に記憶していました。

そして、我が子が生まれ、お座りの練習を始めた頃にふとバンボの事を思い出し、購入を検討し始めるのです。


スポンサーリンク

調べれば調べる程悩まされる「バンボ よくない」のワード




まず、最初にしたのはネットで価格帯(約5,000円前後)と評判を確認でした。



すると、ちょくちょく見かけたのが「バンボ よくない」のワード



簡単に言うと「座れない赤ちゃんを無理に座らせるのは負担になるのでは?」という事。

それは確かに最もだと思いました。

あとは、「使える期間が意外と短い」という感想もちらほら。






ちなみにAmazonのレビューをみると、★1~3つの殆どがサイズによることの評価でした。


対象月齢14ヶ月頃まで、適応体重約10kgと箱に記載されています。しかし、8kgに満たないうちの子にはきつく、なんとかはまり込むものの、全くスペースはなく、文字通りはまっている状態に。足の血流が悪くなっている様子でしたので、すぐに使用を中止しました。
特別うちの子のお尻や太ももが太いというわけではないと思います。
無駄な買い物をしてしまいました。


大き目の赤ちゃんだと太ももの部分がつかえて足がはまりません。
ネットでの通販ですと確認しようがありませんので、店頭で試せるなら試してから購入された方がいいと思います。
ちなみにうちの赤ちゃん(4ヶ月・首据わり直後)は入りませんでした・・・。

余談ですが、首が据わったくらいから腰が据わるまでのツナギの椅子をお探しの方は、授乳枕に寄りかからせるのも手らしいですよ^^(子供用品売り場の店員さんがお勧めしてくれました)
斜めの体勢で首に負担もかかりませんし、その後ベビーチェアに移行するとスムーズにいきそうです。


バンボの使用期間は案外短い




結局、悩んだ末に我が家は、子どもが5ヶ月近くの頃に中古で購入しました。

まずは試しに、と言う感じです。

一番最初は、あの独特なフォルムと、少々硬いイスの感触に嫌そうな感じでしたが、直ぐに慣れ、食事の時など重宝しました。

しかし、残念ながら我が家でバンボが活躍したのはたった2ヶ月程度となりました。

結果だけ見れば、中古で正解でしたね。

とはいえ、これは赤ちゃんの個性にもよると思います。

うちの子は、動くの大好きで色々な事が出来る様になるのが早い子だった為、一人で座れる様になってからは、あっと言う間に抜け出したがり、最後にはとうとう自分で抜け出し転んだので、おしまいとなったのです。


ちゃんと座れない頃は、離乳食を与える時に本当に重宝したのですが、腰がしっかりしてきてからはダメでしたね。
商品説明では、14ヶ月頃まで使えるらしいのですが、活発な子はそんな長くは使え無い様です。


バンボは赤ちゃんの性格で選ぼう




バンボは、絶対良くないとはいいません。



短期間でしたが、あって助かった時期もありましたし、寝がえりが出来るくらいからなら、短時間ならば大丈夫だとも感じました。

おとなしく赤ちゃんならば、もっと長く使えたかも知れません。

まとめ

バンボは、新品ではあまり安くない商品です。

種類によってはベルトが付いていたりもしますので、長く使える赤ちゃんもいるかと思いますが、活発な赤ちゃんだと長くは使えない可能性がある事を覚悟して、購入する場合は買いしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク