首すわり前の抱っこひも選び|ベビービョルンの抱っこひもがオススメ!

赤ちゃんが生まれると、いろいろと必要なものが出てきます。

ママ
出産前にいろいろ想像しながらするお買い物は楽しい時間だったりしますよね♪




でも、ときに種類がありすぎて、どれを買ったらよいのか迷ってしまうことも…。

ママ
私は、抱っこひもで悩んでしまい、買うまでにすごく時間がかかりました。




これから出産を控えている方が、ネットでいろいろ調べて出産前に疲れてしまわないように、オススメの抱っこひもを紹介します。


スポンサーリンク

◆人気のエルゴは首がすわってから◆



抱っこひもを買うとなったとき、最初に頭に浮かんだのはエルゴでした。



知り合いが使っているのもエルゴ、街中でよく見かけるのもエルゴ…。

これだけよく見ていれば、エルゴが人気で使いやすいと思いますよね。



でも、首すわり前は話が別なんです。



首すわり前はインファントインサートを装着しなければならないのです。


抱っこひも単体では使えないのはちょっと面倒だなと思いながら、インサートについて調べてみました。
その結果、インサートは別売りでお金がかかる、装着が難しい、赤ちゃんが暑そうなど、あまり評価がよくありませんでした。


でもエルゴの抱っこひも自体は、かなり高評価。

腰ベルトと肩ベルトがしっかりしていて、負担が腰と肩に分散されて、体がラクというのは大きいメリットですよね。




ママ
ワタシは悩みに悩んで、首がすわってからエルゴを使うことに決めました。



※私のときはまだありませんでしたが、今はエルゴベビーアダプトというインサートなしで新生児から使える種類が発売されています。


こちらはすでにエルゴを使ったことがある方にはオススメですが…



初めて使う方・初産の方にはあまりオススメしません。



私自身、首がすわってからエルゴを使っていますが、慣れるまでは装着が難しいです。



首がすわっていない新生児を装着の難しい抱っこひもで…と考えただけで、かなりのストレス。

ですので、最初はストレスの少ない装着しやすい別の抱っこひも使って、エルゴは首がすわってから使うことをオススメします。


◆ベビービョルンはお手頃・装着も手入れもラク◆

首すわり前の抱っこひもをどうしようかと調べに調べた私がいきついたのは、ベビービョルンでした。



装着が簡単
自宅で簡単に洗濯できる
1万円しないタイプのもので先輩ママの口コミも良い



とくれば、お店に行くしかない。
ということで、お店に行って見てみたところ、迷わず買ってしまいました。


私が買ったのは、ベビーキャリアオリジナルという、一番シンプルなタイプ。
とにかく抱っこひもを初めて使う方には、使いやすい作りです。


慣れていないうちは、赤ちゃんを抱きあげて抱っこひもをつけるのは至難の業。

でもこの抱っこひもは、
  1. 抱っこひもを床に広げる。
  2. 広げた抱っこひもの上に赤ちゃんを寝かせる。
  3. ママが覆いかぶさって装着。
という方法でも装着可能なので、慣れないママも大助かりです。

装着したら、ちょうど自分の手の位置にひもの先がくるのでひっぱりやすく、長さ調節も簡単にできます。

そして、自宅で簡単に洗濯できるので、吐き戻しなどで汚れてしまっても手入れがラクです。


  1. 私はあんまり細かいことを気にしないので、下記の方法で洗濯していました。
    1.ぬるま湯で押し洗いする。
    2.バックルなど全部セットしてネットに入れる。
    3.洗濯機で脱水して干す。
    天気のいい日なら、お昼過ぎに干して夕方に乾いていました。


3か月過ぎたころから、抱っこひもの中から回りを見たくてキョロキョロしていた我が子。

頭を動かして、バックルの付け根をなめるのが大好きでした。

なので、しょっちゅう抱っこひもを洗っていました。



手入れがラクで本当に助かりました。



また、この抱っこひもはセパレートタイプの作りなので、バックルを外して抱っこひもごとお布団の上に寝かせられます。






背中の抱っこひもがなくなると泣いてしまう我が子も、そのままなら起きずに寝ていました。

だいぶ首が座ってきた頃には、起きても指をしゃぶりながら寝たりできるようになりましたが、指しゃぶりができない新生児期には、起きてしまうと泣いて大変だったので、本当にありがたかったです。


◆最後に◆

もともと私は抱っこひもを使い分けるという考えはまったくありませんでした。
でもいろいろ調べて、2つ買って使ってみて、大正解でした。

ママ
抱っこひもは1つだけと思っている方、1つにこだわらないでください。

2つ買ったら高くつくと思っている方、ちゃんと種類を選べば、1つよりお安く手に入ります。

実際私は抱っこひも2つ買って3万円いきませんでした。
無理して1つのものを使うより、月齢によって使い分けるのもひとつの手です。

ベビービョルンの抱っこひもは、文句をつけるところがないくらい使いやすかったので、出産を控えている方には、本当にオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク