室内で飛ばせるラジコンヘリ『エアアバター』を購入。1週間で4台に増えたその理由とは


子供がある日突然、ラジコンヘリが欲しいと言い出しました。

ゲームばかりで遊んでいる息子。
そんな息子がいきなりゲーム以外の物を欲しいと言いだしたので、びっくりです。

でも、ゲーム以外で遊んでくれるのならと思い、ラジコンの購入を検討しました。

スポンサーリンク

購入にあたって考慮した点

どれを買おうかとネットで調べていると、ラジコンヘリは外で気軽に遊べないという事実を知りました。

・道路や、公共の場などではラジコンヘリを飛ばしてはいけない
・ラジコンヘリを飛ばせる専用の場所に行って、遊ばなくてはならない

私が子供の頃とは違って、今では気軽にラジコンヘリを飛ばすことが出来なくなっています。
人にぶつかるという危険もありますし、ドローンなどの問題もマスコミ等で多く取りざたされている昨今。なかなか外では気楽に遊べなくなっている現実にショックでした。

それなら、室内で遊べる専用のヘリにすればいい。そう思い、室内用のラジコンヘリを購入することにしました。

エアーアバターを購入した理由

室内用で探していると、とても口コミの良いラジコンヘリに出会いました。
お値段も3000円と非常に安く、全長23cmのコンパクト設計で軽いと評判のヘリでした。

しかもこのエアーアバター。
ジャイロが搭載されていて、角度や速度を見事に調整してくれる優れもの。
スライド飛行もでき、安定して飛ばせることができるヘリなのです。

室内での飛行、子供が初めて遊ぶラジコンという事もあり、この安定して飛ぶことのできるジャイロ機能は大変魅力的でした。

その他の魅力
・上下左右の飛行はもちろん、空中でホバリングも可能。
・右旋回、左旋回、横へのスライド飛行が可能。
・40分ほどの充電で、6から8分の飛行が可能。



こんなふうに空中で停止したりクイックイッと擂鉢移動できたり、

3000円だからと舐めていましたが、大人でも男ならワクワクしちゃうおもちゃですね。


さっそく遊んでみることに


ヘリ本体への充電方法

  1. ヘリ本体についてある、バッテリーケーブルを外す
  2. 付属のケーブルに、バッテリーケーブルをジョイントさせる
  3. USBの口なので、充電変換アダプターを使い充電。もしくは、単3電池を6つ入れた付属のコントローラーのケーブルとジョイント
  4. 充電ケーブルの先に、赤いランプが点灯すれば、充電完了
※ 充電をしすぎると、バッテリーが熱くなります。危険なので、充電するときは、長時間放置しないよう注意してください。



さあ、充電もできたので、飛ばしてみましょう。



・・・・・・・・・さっそく壊れる

さっそくヘリを飛ばしてみると…。

上昇しません。操縦ミスかなと思ったのですが、どうやら下のプロペラが回っていない事に気がつきました。

軸がやや歪んでいるようです。
充電するときに、プロペラ軸に強く圧力をかけてしまったのかもしれません。
口コミにも壊れやすいと書いてありましたが、まさかいきなり壊れるなんて(笑)



どうにか軸を直そうと力を加えると、悲惨な事に。右翼のプロペラがボキッと折れてしまいました。




なんてこった…。



扱い方が下手だったからと諦めてもう一台購入。
到着してから再び飛行を開始してみると…。

びっくりです。

いきなり後ろのプロペラが外れてしまいました。

差し込んでも、すぐに抜けてしまいます。

2代目のヘリもまた、一度も浮上することなく、壊れてしまいました。



実はこのラジコンヘリ。

修理が出来ないのです。



簡単なプロペラ破損の場合だと、付属の予備プロペラと交換をすれば直すことは可能です。

しかし、その他の故障については直すことができず、使い捨てとなってしまうのです。

ですが、大丈夫。

六ヶ月はメーカー保証がついているんです。

これは助かりました。


新しいヘリを送ってもらう

さっそくメーカーに問い合わせをし、事情を説明。納得していただき、新しいヘリを2体送ってもらえる事になりました。

しかも、テスト飛行を1週間行ってくれるとのこと。

確実に壊れていないヘリを届けてもらえるようになりました。(普通と言えば普通なことですけど)
こうして我が家に4台のヘリが並ぶ事になりました。


無事に飛行も成功。親子で楽しく飛ばして遊んでいます。しかも、多少プロペラが破損しても、予備が沢山あるので安心です。

対象年齢が15歳~とありますが、その通りだと思います。
保証はあるものの、壊れやすいです。
室内で、よほど広い場所じゃない限り、ぶつけてしまいます。

お子さんに買ってあげる際は、十分に説明をした上、納得して購入する事をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク